top of page

京都工業会:第26回京都KAIZEN大会に登壇致します。2/22


「個別最適から全体最適のオペレーション変革と、

それを実行するマネジメント改革」

~SCMプロセスの流れ、開発プロセスの流れを大幅改善した全体最適の実践事例の紹介~


元オムロン㈱ 取締役/執行役員専務 CFO兼グローバル戦略本部長


(現 ㈱ワコールホールディング社外取締役、(財)日本CFO協会理事)

  日 戸 興 史 氏

 


(日戸氏ご紹介)


 1983年 立石電機㈱(現オムロン㈱)に入社。オムロンヘルスケア㈱執行役員経営統括部長時代にTOCを活用したSCM構造改革、開発プロセス構造改革をリードして、事業の高収益、高成長化への基盤構築に貢献。


 オムロン㈱CFO兼グローバル戦略本部長として長期ビジョン、中期経営戦略、短期経営計画立案/推進をリード。ROIC経営を通じて、事業収益性向上、ポートフォリオ入れ替え、サステナビリティを経営戦略/事業戦略の中核に組み込み本社機能強化をリード。グローバル統合リスクマネジメント、情報セキュリティと担当部門と一緒になりリード。全社基幹グローバルコーポレートITシステム改革立ち上げ、推進リーダー(1000億円規模のPJ)、グローバル人財戦略立ち上げ。


 現在は、これまでの知見・経験を活かして、社外取締役、各種団体のサポート、企業へのアドバイス、サポートとして活躍中



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本経済新聞主催:【経営者、経営企画部門、DX推進リーダーへ向けて企業パフォーマンス最大化・価値創造のための経営戦略】カンファレンスに登壇致します。8/30 13:00~13:30

この度、日経メッセプレミアム・カンファレンス・シリーズ経営者、経営企画部門、DX推進リーダーへ向けて企業パフォーマンス最大化・価値創造のための経営戦略に登壇させて頂くこととなりました。 13:00-13:30に下記の内容を講演します。 【基調講演】 部分最適から全体最適の経営へ ー企業価値を上げ続ける実践ROICマネジメントー 以下の重要課題に応える「全体最適のROIC経営」の実践および事例につい

JBpress にてROIC改善と事業成長につながる「全体最適」の経営について全4回の連載が始まりました。

家庭用の血圧計や電子体温計、医療機関向けの動脈硬化測定装置などを中心に健康機器、医療機器の開発・販売をグローバルに展開するオムロンヘルスケにおいて。経営統轄本部長として運営構造改革を主導し、事業の飛躍的な成長と高収益化の実現につなげた改革の切り札として活用したのが「TOC(Theory Of Constraints、制約理論)」と呼ばれるマネジメント理論についての連載になります。 内容の詳細につい

Comentarios


bottom of page