top of page

Japan Innovation Review にインタビュー掲載されました


記事の概要:

日経平均株価がバブル崩壊後の高値を更新するなど堅調な日本の株式市場だが、日本企業の真の競争力向上はここからが正念場と言われる。オムロングループでCFOなどを務め、同社の競争力回復の立役者と言われた日戸興史氏は、「今こそ日本企業には、戦略分野に集中する事業ポートフォリオ再編が必要だ」と語る。その際に重要な事業部門の意識変革と経営者のリーダーシップについて日戸氏に話を聞いた。―


以降は下のリンクより

会員登録が必要になります。




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本経済新聞主催:【経営者、経営企画部門、DX推進リーダーへ向けて企業パフォーマンス最大化・価値創造のための経営戦略】カンファレンスに登壇致します。8/30 13:00~13:30

この度、日経メッセプレミアム・カンファレンス・シリーズ経営者、経営企画部門、DX推進リーダーへ向けて企業パフォーマンス最大化・価値創造のための経営戦略に登壇させて頂くこととなりました。 13:00-13:30に下記の内容を講演します。 【基調講演】 部分最適から全体最適の経営へ ー企業価値を上げ続ける実践ROICマネジメントー 以下の重要課題に応える「全体最適のROIC経営」の実践および事例につい

JBpress にてROIC改善と事業成長につながる「全体最適」の経営について全4回の連載が始まりました。

家庭用の血圧計や電子体温計、医療機関向けの動脈硬化測定装置などを中心に健康機器、医療機器の開発・販売をグローバルに展開するオムロンヘルスケにおいて。経営統轄本部長として運営構造改革を主導し、事業の飛躍的な成長と高収益化の実現につなげた改革の切り札として活用したのが「TOC(Theory Of Constraints、制約理論)」と呼ばれるマネジメント理論についての連載になります。 内容の詳細につい

Comentários


bottom of page